SIIS実績

以下に、弊社の最近の主な実績を示します。



















【出版書籍】

失敗のないCMM/CMMI
ソフトウェア開発を中心としたプロセス改善の有力モデルと言われるCMMとCMMIの導入解説書です。具体的な導入・レベル認定例と国際標準仕様を通して解説しました。CMMI(Capability Maturity Model Integration:能力成熟度モデル統合版)は、5または6レベルのモデルから成り、より高いレベルのCMMIを実現することによって、ソフトウェア開発を中心としたプロセスの改善度が高まるものです。従来はソフトウェア開発に絞って、CMM(SW-CMM)と呼ばれていましたが、製品開発、システムエンジニアリング関連も取り込んで、エンジニアリング全般に関するプロセス改善モデルの国際標準化(ISO/IEC TR 15504)を進めるために、CMMIに拡充されました。カーネギーメロン大学のSEI(Software Engineering Institute)がこのモデルを開発し、ガイドを公表しています。
日本では、経済産業省の主導で、CMMIに対する関心が高まっています。
全体は5章から成り、第1章はソフトウェア開発の改善、第2章はソフトウェア開発改善モデル、第3章はCMM/CMMIの導入、第4章はSW-CMM、第5章はCMMIの構成です。
失敗のないファンクションポイント法
情報システム開発の見積もり手法として有力なファンクションポイント法を、具体的な演習と例題・確認問題を通して解説。
ファンクションポイント法は、従来開発ステップ数をベースに人月の見積もりをしていたものを、ユーザ仕様の要素をポイント(点数)化し、その累計及び調整係数の算出により、システム開発規模を計測します。ケーススタディとして、4種類(C/Sシステム、画面ベースのWeb、ホストDB、リアルタイム)のシステムについて、ファンクションポイントの算出を演習できます。また、ファンクションポイント法の手順を説明する章では、例題や確認問題(解答付き)で実践的知識を会得できます。

▲このページのトップへ

Copyright (C) 株式会社アレア All Rights Reserved.